HOME   »  2012年10月
Archive | 2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍端末(リーダー)が欲しい

以前より電子書籍端末を検討していて、やっと購入候補が見つかりました。
電子書籍検討中0001-01

電子書籍端末を探し始めた理由は単純で、
電子書籍を読む目的で購入したiPad(初代)が、私にとって予想以上に現実的ではなかったからです。
・重いのでPCの入ったバックと一緒に持ち歩くのが大変。
・充電を頻繁にする必要がる。(iPhone程ではないが。)
・液晶は長時間見ていると目が疲れる。
・読みたい本が見つからない。
・OSが最新になる度に動きが鈍くなる悲しさ。。。
・最新機種に買い換えたくても電子書籍を読む端末と考えると値段が高い。
これらは、iPad miniに変えても全ては解決できません。

それと、最近私の部屋の本棚がいっぱいになってきた事もあります。
特に小説は繰り返して読むことが滅多にないので、売りたいのですが大した金額にはなりません。
(自炊してしまったら売り物にならなくなるし。。。)

だったら、最初から紙の本より安い電子書籍を購入して、手元に残しておいた方が良いと考えました。


候補として考えたのが、
■Amazon Kindle Paperwhite
■SONY Reader PRS-T2

で、
最終的に選んだのは、「SONY PRS-T2」です。
電子書籍検討中0001-02

決め手は、
・15回のページ送りに1回のリフレッシュ機能。
・EVERNOTEとの連動。
・端末の下に設置されている物理ボタン。
・読みたい本がSONY Reader storeにあった。

以下は、参考にさせて頂いた動画です。

▼動画レビュー


▼レスポンス


▼旧機とのレスポンス比較


▼端末からの電子書籍購入の様子



本当は実機を触りたかったのですが、近所の大型家電量販店にはモックしか置いておらず、
実機は旧モデルしか展示されていませんでした。
(中にはモックすら置いてない店もありました)
あと、いつもはウザイくらいに寄ってくる店員も、電子書籍端末の前にいる客には、全く近寄ってきませんでした。

売る気ねぇwww 
端末はネットで買えってか?www


在庫状況も『表示無し』か『事前予約受付中』・・・事前予約って、
もう発売して1ヶ月以上経っているんですけど!
(いつのポップ使ってんだよ)

もちろん、値札なんて何処にも見当たりませんwww
値段はネット購入した場合でも値引きは殆ど無いので、在庫があれば店頭で購入しようと思っていたのに残念です。
マジで実機くらい置いとけよな!


ちなみに、高解像度のKindle Paperwhiteを予約しなかった理由。
・端末自体の値段が安いので、いつでも乗り換えられる。
・購入者のレビューを読んでから買いたい。
・ページ送りの物理ボタンが無い。
・内蔵ライトにメリットを感じない。
・SDカードのスロットがない。
・日本語の書籍を読んだ際の動作等の詳細が不明すぎる。
・読みたい本がKindleストアに無かった。(これはすぐ追加されるとおもうけど)
・今予約すると届くのが来年1月以降。。。

▼「SONY Reader PRS-T2」と「Amazon Kindle Paperwhite」動作比較


動画を見る限りでは、「Kindle Paperwhite」の方がスペックは上のようです。
でも、ページ送り時のリフレッシュ回数は「SONY PRS-T2」の方が少ないように観えました。
小説しか読むつもりはないので、私はリフレッシュの回数を重視しました。
※あくまで上記の動画から私が勝手に判断したので、実際(日本語版)は違うかもしれません。

店頭でSONYの旧機(解像度はPRS-T2と同じ)を触った時、一番小さいフォントサイズにすると解像度が足らず、
漢字の一部が滲んでいるように見えました。
もしかしたら、日本語はキンドルのような高解像度の電子ペーパーの方が向いているのかもしれません。
でも、読めないレベルでは無かったので良しとしました。

次期SONY Readerは、【高解像度】【ライト内蔵】で発売せざるを得ないでしょう。


さて、もう少し「SONY PRS-T2」購入者のレビューを参考にして、購入に踏み切ろうと思います。








関連記事
スポンサーサイト
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。