HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  デジモノ  »  ポメラ 新機種登場『DM100』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポメラ 新機種登場『DM100』

何気にネットサーフィンをしていたら、発見してしまった。

ポメラ『DM100』11月25日 新発売!!!

遂に、2年ぶりの『DM20』の後継機が発表されてしまいましたwww
『発売されてしまいました』という表現は、2ヶ月前に『DM20』を購入したばかりだからである。
(それに当時は、新機種は発売されないと信じていました。。。)

新機種と聞くと、
『DM100』が欲しーーーい!

で、興味津々でその詳細を見てみると・・・。










「あ、コレ保留だ

決して悪い商品ではないし、発売すれば絶対売れると思います。
ただ、私が思い描いた進化系と比べてしまうと、理想から少し離れてしまった印象を受けました。



※ここから下は、紹介動画と発表の記事から得た情報に基づく、私の独断と偏見です。
 実物は触っておりません。


■良くなったと思う点
・形状が折り畳み式から、ストレートタイプに変わったことで携帯時の厚みが解消され、カバンの中に入れやすくなった点。
・ギミックを無くした事で、文字を打ち始めるまでの初期動作が短縮された点。
・単4→単3電池に変わり、エネループ使用時でも25時間使用可能になった点。(DM20は15時間)
・バックライト機能が加わり、暗い場所で使用可能になった点。
・見た目が普通のモバイルPCの様になったので、人の目を気にする事無く何処でも開ける。
 (DM20は電車の中で使用すると、独特の形状の為か周囲の視線を感じますw)

■イマイチだと思う点(DM20比較)
・カラーバリエーションが無い点。
・液晶がワイドじゃない点。
・キーボードのたわみと、タイピング音がうるさくなった点。
・全体的にデザインが安っぽくなった点。個性がない。
・専用ケースが手抜きな点。
・初めはウザい!と思ったあのギミックが無くなった点。(良い点と矛盾してしまう)
・またATOKな点。(デフォルトで「ぽめら」→「ポメラ」に変換できるようになっただろうか…。)
・Bluetoothも親指シフトも必要無い点。
 (電源OFF状態の本体とUSBケーブルで同期が可能なのでこっちの方が楽)
 (親指シフト?非世界標準はタイピングにヘンな癖がつくだけ)
・相変わらず値段が高すぎる点。メーカー希望価格は3万7800円。。。(19,800円なら考える)


私が使用する環境下では良い点もありましたが、トータルでみると約4万円も出して『DM20』→『DM100』に
買い換える程の価値は見つかりませんでした。
あと、どう見てもプロトタイプ的な感じが強く、買い換えるなら次の『DM200』が良さそう。

まぁ、文字を打つ(ブログの下書き)だけなら、今使っている『DM20』で十分です。
これ以上の機能が必要な場合は、『MacBook Air』を使いますからwww








関連記事
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。