HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  iPhone・iPad  »  iPhone4S ケース購入⑤ バンクタイプバックプレート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone4S ケース購入⑤ バンクタイプバックプレート

遂に日本でも取扱店が現れました!
iPhoneバンパー19

iPhone4S専用【バンクタイプバックプレート】(斜角バックプレートとも呼ぶのか?)
バックプレートの縁付近に少しだけ角度があり、少し盛上がっているバックプレートです。

このバックプレートの装着は、iPhone4専用プレート発売の頃から憧れていて、
今まで購入したケースは、このプレートの「つなぎ」と言っても過言ではありません。

前回のケース『Skinny Fit Case for iPhone4S/4』を購入してから、
2週間くらいしか経っていませんが、もちろん迷わず購入しました。

iPhoneバンパー01
バンクタイプバックプレート シルバー ¥2,980円(税・送料込み)


表面
iPhoneバンパー13
こんな感じで、ヘアラインが奇麗に入っています。

でもね、
このリンゴマークや文字が少しだけプレートより盛上がっています。
ただのプリントか???
強く擦ったりしたら剥げてしまいそうな感じが、ちょっと残念でした。

裏面
iPhoneバンパー02
純正とは明らかに異なるが、一応シールドらしき物は施されている様子。

プレートの縁
iPhoneバンパー15
こんな感じで、縁の付近から盛上がっています。

金属のネジ止め
iPhoneバンパー03
本体とバックプレートをネジで接続する部分です。
iPhone4専用の初期型バンクタイプバックプレートは、ここがプラスチック製で、
ネジの締め過ぎ等で割れてしまう事もあったよです。
今回購入したバックプレートは、ちゃんと金属製でした。

付属ドライバー
iPhoneバンパー11
これがなければ、何も始まりません。
プレートを注文したら、サービスで付いてきました。
柄の部分に成型時のバリが残っており、精度に不安がありましたが、問題なく使用できました。


それでは、
バンクタイプバックプレート装着作業開始!

ちなみに、
以下の作業を行った時点で、Appleの保証対象外になりますので、バックプレートの交換作業をする方は、
全て自己責任で行って下さい。



ネジ山を潰さない様に、慎重に外していきます。
iPhoneバンパー04

軽い力でネジが緩みました。
工場出荷時に、あまり強く締められていなかった様子。
まぁ、強い力で締め損なったら、あっさりとネジ山が潰れるからだろう。

プレートを本体から外した状態。
iPhoneバンパー05
ネジを外し、プレートを上に少しスライドさせ、徐々に力を入れながら上に持ち上げたら簡単に外れました。

あとは、外した逆の手順で、バックプレートを取り付けていきます。

で、交換作業の中で、
ネジを締める作業が一番難しかったです!

ネジを締める時は慎重に締めていかないと、ネジ山を潰す可能性があります。
私の場合は、ネジが回らなくなった時点から、1回だけ「ック」と力を入れて終わりにしました。
これ以上は、力を入れるとネジ山を舐めてしまいそうで恐くて出来ませんでした。
(外す前も必要以上に固く締めていなかったので、多分大丈夫だろう。。。)
力加減はカンです。

ものの10分程度で作業は完了。
iPhoneバンパー08
iPhoneバンパー12
iPhoneバンパー07

やっぱり、カッコイイです!
iPhone4Sの金属部分のテイストと絶妙にマッチし、一体感がでました。
劇的に握りやすくなる事はありませんでしたが、違和感もありません。
とても自然です。

カメラ部分
iPhoneバンパー09
プレートが盛上がっている分、カメラとの距離ができた感じがします。
フラッシュの部分は、標準のプレートと比べると簡素な作りです。

ドライブ前に、太陽光の下で撮ってみました。
iPhoneバンパー17
iPhoneバンパー22
蛍光灯の下とは違った雰囲気になります。
渋い感じでイイですね~。
シルバーならビジネスシーンでも周りを気にせず使えそうです。

個人的には、一番理想のiPhone4Sになった感じです。
今までのケースやバンパーと違い、iPhone4Sを外傷から守る事はできませんが、
このバックプレートが純正バックプレートの身代わりだと思えば、保護という点でも合格では無いでしょうか?
純正で気になっていた指紋汚れも全然目立ちませんし、操作性も損なわないので、純正iPhone4Sの良さを
そのまま引継ぐ個性の主張としては、これが最終形態だと思います。

リンゴマークと文字の印字強度が気になりますが、剥げてきたらその時に考えます。
このブログでも紹介します。

これで、新しいケースやバンパーを購入する冒険は、ひとまず終了できそうです。
(でも、プレートの色は13色あるので、色違いを買っちゃうかもwww)



外した純正パーツ等は、小分けにして仕舞っておきました。
iPhoneバンパー24
海外出張時に余った小袋が役にたったw





関連記事
スポンサーサイト
Comment
保証
バックパネル交換いいですね
私もやりたいですが、やはりパネルを元に戻しても保証は受けられないんですかね?
パネル交換後、Appleの保証を受けられた事あります?
Re: 保証
ゲロロ艦長 さん

コメントありがとうございます。
パネルの交換後、Appleの保証を受けた事がないので、パネルを元に戻してiPhone4Sを持ち込んだら
どうなるのかは分かりません。
ですが、1個でも自分でネジを緩めた時点で、Appleの保証は受けられないと思って良いと思います。
私の場合、その辺りはキッパリ諦めてから作業をしております(笑)

有難うございます
そうなんですか
カスタムは憧れますけど、壊れた時のリスクが怖いですね
保証がきれたら思い切ってカスタムしようかと思う頃には新型が出たら思わず買っちゃうんですね~、新し物好きなんで(^^;;
ん~ジレンマ
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。