HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  デジモノ  »  SONY XBA-20IP 購入レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY XBA-20IP 購入レビュー

先日、愛用していた『BOSE MIE2i mobile headset』のリモコン部分が壊れたので、
新しく購入したイヤフォンがコレです。
XBA-20iP-001.jpg
XBA-20iP-003.jpg
▲SONY XBA-20IP(シルバー)

で、2日間使用してみた。

結論から言いますと、
メリハリのある解像度の高い音が聴けますが、低音の効きを期待しすぎると、ガッカリする場合があります。
(『BOSE MIE2i mobile headset』比較)
80点って感じかな。


まずは、このイヤフォンの性能を100%引き出す為に、自分と相性の良いイヤーピースを選択する事が重要です。
XBA-20iP-010.jpg
▲イヤーピースは全部で10種類も付属している。

自分の耳にあったイヤーピースを装着しないと、XBA-20IPが持つ本来の性能が発揮されません。
最初、自分の耳に合わないイヤーピースを使用していた為、
低音が無く高音がかすれたラジオの音みたいな薄っぺらい音しか聴こえてきませんでした。
(この時は本当にショックで、ゴミ箱に捨てようと思いましたwww)
その後、自分にあったイヤーピースに変えてシッカリと装着してみると、メリハリのある良い音に変わりました。
私が使用したイヤーピースは、一番大きくて長いタイプ(紫色)です。


で、自分の持っているiPhone専用イヤフォンを聴き比べてみた。
こういうのは第一印象が肝心なので、早速レビューです。

※下記は、私(素人による)の独断と偏見によるレビューです。
 全ての人に当てはまるとは限りませんので、それを了承した方のみお進み下さい。








XBA-20iP-004.jpg
▲(左から)
『BOSE MIE2i mobile headset』(以下 MIE2i )
『SONY XBA-20IP』(以下 XBA-20IP )
『Apple iPhone4S付属』(以下 4S付属)

【使用期間】
MIE2i ・・・1年10ヶ月
4S付属・・・1ヶ月
XBA-20IP・・・2日

【解像度・音質】
XBA-20IP >>> MIE2i ≧ 4S付属
 ▲XBA-20IPは他と比べて全ての音に対して、明らかに解像度が高かった。
  XBA-20IPと比べてしまうと、MIE2iは低音が効いている分こもった感じがした。

【低音】
MIE2i >>> 4S付属 ≧ XBA-20IP
 ▲XBA-20IPも低音は出ているが、MIE2iに比べ耳の奥にズンズン響く感じは弱い。
  4S付属は解像度は低いなりにも、そこそこの低音を感じる。

【音の厚み】
MIE2i > 4S付属 > XBA-20IP
 ▲全体的に耳にズッシリくる音はMIE2i。
  XBA-20IPは高音領域がハッキリしている分、MIE2iより音が軽く感じた。
  また、高音が耳に刺さる感じがする時もあった。

【フィット感】
XBA-20IP >> MIE2i >>>4S付属
 ▲XBA-20IPは最初から10種類、MIE2iは3種類のイヤーピースが付属。
  ただし、付け心地はMIE2iが最も自然で快適だった。

【遮音性】
XBA-20IP >>>> MIE2i >4S付属
 ▲XBA-20IPは耳栓なみwww 電車通勤には最適。

【コードの絡みにくさ】
XBA-20IP >> 4S付属 > MIE2i
 ▲きし麺みたいな形状のケーブルは、予想以上に絡みにくかった。

聴き比べてみると、イヤフォンの違いって結構ハッキリしているものなんですね~。

XBA-20IPは、一般的に良く聴こえるイヤフォンである事は間違い無いと思いますが、
個人的には低音がズッシリと効いたMIE2iの方が好みの音でした。
低音領域をかなり強調している為、4S付属と比べた時に、一番ハッキリと違いが出たのもMIE2iでした。
私のようにMIE2iに耳が慣れてしまった人には、XBA-20IPの音に物足りなさを感じると思います。
ですが、XBA-20IPの遮音性は恐ろしいくらい高いです。
電車乗車時は、周りの会話が気にならない程聞こえなくなるので、小さい音量でも音楽が聴きにくくなる事はなく
快適でした。
毎日、通勤で電車に1時間以上も揺られている私には、この遮音性が最大のメリットでした。
一方、長時間の歩き、ジョギング時に使用する人には向きません。
周りの音が聴こえにくくなる為、車の音や気配に気付くのが遅れ危険です。
また、耳の中を軽く圧迫する為、自分の体やケーブルから伝わる振動がモロに耳に響き耳障りでした。
装着感は、耳の中に押し込むタイプなので、耳内部への違和感が苦手な人だと長時間の装着には耐えられないと思います。
ちなみに、私は平気な人です。

どんなイヤフォンも一長一短って事でした。
・バランス重視+遮音重視の【XBA-20IP】
・低音重視+装着感重視の【MIE2i】
・コスパ重視の【4S付属】

次回購入するなら、やっぱり『BOSE MIE2i mobile headset』かなぁ。


XBA-20IPは、まだ2日(6時間くらい)しか使用していないので、
今後のエイジング次第でどこまで変化するのか楽しみです。
変化があれば追記します。


【おまけ】
付属の専用ケースですが・・・、
XBA-20iP-011.jpg
ハッキリ言って使いづらい!
口が小さく、さらにハードケースの為、イヤフォンを収納する際は、ある程度コード畳まないと入りません。
素早く収納したい時には不便です。
また、蓋との接地面に強力な磁石が埋め込まれている為、PCやアナログ時計と一緒に鞄の中に入れたくないです。。。
XBA-20iP-012.jpg
▲結構シッカリくっ付いたw

ってことで、収納ケースはMIE2iに付属していた物を継続して使います。


あと、色々比較してみた。
【リモコン】【コネクト部】
XBA-20iP-005.jpg
XBA-20iP-006.jpg
▲(上から)
『Apple iPhone4S付属』(以下 4S付属)
『SONY XBA-20IP』(以下 XBA-20IP )
『BOSE MIE2i mobile headset』(以下 MIE2i )

リモコンの位置は、XBA-20IPは左耳側、4S付属は右耳側。
(SONYよ、なぜAppleと逆にした!)

XBA-20IPと4S付属で比較。
【ケーブルの長さ】
XBA-20iP-007.jpg
▲XBA-20IPの方が長い

【リモコンの場所】
XBA-20iP-008.jpg
▲XBA-20IPの方がイヤフォンから離れている

【ケーブルの分岐点】
XBA-20iP-009.jpg
▲XBA-20IPの方が早い段階で分かれている


以上、SONY XBA-20IP レビューでした。





関連記事
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。