HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  デジモノ  »  SONY電子書籍リーダー PRS-T2 購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY電子書籍リーダー PRS-T2 購入

PRS-T2-購入001
▲SONY電子書籍リーダー「PRS-T2」ブラック が届きました。

購入の経緯は前回のブログを参照。



今回購入した物は、

■PRS-T2(本体) ¥9,880(税込・送料込み)
■PRSA-SC22J/B  ¥2,980(税込・送料込み)
■iBUFFALO ソニー電子書籍リーダー【Reader】PRS-T2/T1/G1専用
 気泡が消える液晶保護フィルム スムースタッチタイプ BSTPRT2FT ¥709(税込・送料込み)
■Reader用ACアダプター PRSA-AC10 ¥2,980(追加購入)(税込・送料込み)

SONYストアで購入すれば、3年間の長期保証が特典で付属されますが、
3年も同じ端末を使用するつもりはないので、値段とポイントで判断して楽天とAmazonで購入。
ACアダプター以外は翌日発送だったので、すぐ届きました。

Kindleが発売されるから売れてないのかなぁ。。。


早速、液晶保護フィルムを貼ってみた。
(早く触りたくて、机の上が付属品で散らかったままですが、気にしないで下さい。。。)
PRS-T2-購入002-2
▲いつもの様にお風呂場で貼り付け作業を行い、綺麗に貼れました。

気泡が消えるフィルムの仕様なのか、液晶に光を反射させて見ると、
超細かいボツボツが見える。これが気泡を消す仕掛け?
でも、普段は全く気になりません。


改めて本体を手に持ってみると、箱の状態でも感じていましたが・・・
非常に軽い!
164gありますが、今までの経験からこのサイズの電子デバイスの重さを想像すると、
予想以上に軽い印象を受けました。(個人的にはもう少し、重いと思っていたので)

あまりに軽かったので箱の中を覗き、普通にバッテリーを探してしまった程ですwww
(もちろん、バッテリーは内蔵されています)


で、次に専用ケースを装着。(机の上も片付けた)
PRS-T2-購入003
▲開いたところ。
 プラスッチクの枠にッパチ!とはめ込むタイプです。
 外す時はケースの右隅を反らすように捲って外します。(なんて強引だw)

PRS-T2-購入004
▲閉じると、グッと書籍らしくなりました。

この専用ケースは通常だと¥3,675しますが、手に持ってみると意外とチープ。
¥1,980だったとしても悩むところ。。。
本体と一緒にケース(袋)が最初から付属されていますが、「袋」なので出し入れが手間でした。
通勤時、カバンから出した後の手間を考慮するなら、強制的にこのケースを購入するしかありませんでした。

次は、PCと繋げて本体のセットアップ。
PRS-T2-購入006
▲何だかんだんで、30分くらいかかりました。
PC側には「eBook Transfer for Reader」がインストールされます。
(電子書籍などのコンテンツを、ソニーの電子書籍リーダーへ転送するためのソフトウェア)

PRS-T2-購入000
▲30分の内、アップデートに10分以上かかった。

セットアップが完了したので、
ソニーのeBookストア「Reader Store」から、サンプル書籍をPC経由でダウンロード。
PRS-T2-購入017
▲色々と書籍のサンプルをダウンロードしてみた。
 こんな感じで持ちます。
 片手の親指だけで、ページ送りとページ戻しが出来る物理ボタンは超便利。

PRS-T2-購入008
▲E Ink社の電子ペーパー「Pearl」という技術を採用。

まるで、文字が画面に印字されているかの様な不思議な感じです。
液晶に表示された今までの電子書籍の文字とは、明らかに印象が違います。
ページ送りもスムーズで、さすが電子書籍に特化しただけの事はあります。

 PRS-T2-購入015
▲文字の大きさ、画面の明るさ調整、余白の調整が可能。

設定はデフォルトでも良いのですが、自分好みの見やすい設定を試行錯誤中。
この設定を変えることで、だいぶ印象が変わります。

長くなってしまったので、使用感等のレビューは次回にします。







関連記事
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。