HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ヒトリゴト  »  iTunesか?それもと、TSUTAYAの宅配レンタルか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesか?それもと、TSUTAYAの宅配レンタルか?

TSUTAYAVSiTunes011.jpg


自宅での作業中は、音楽を聴きながらする事が多いです。

時々、iTunesで適当に探した曲を全曲プレビューで再生して聴く事もあります。
曲数の多いアルバムなら、これで充分だったりします。
そして、気に入った曲を見つけたら、そのままiTunesで購入しています。

で、今回も何曲かiTunesで購入するコトに。

約13曲入りのアルバムで\2,000。(店頭での定価は\3,150)
単曲で購入すると\250なので、欲しい曲が8曲以上あった場合は不要な曲が入っていても、
金額は変わらないのでアルバムごと購入しています。

一見、1曲ずつ購入したら損をする様に思えますが、
アルバム全曲の価格から購入済み分を引いた価格でダウンロード購入できる
コンプリート・マイ・アルバム」サービスがあるので、 私の様な購入方法にはあまりメリットはありませんwww
※コンプリート・マイ・アルバムに非対応の曲もあるので注意!


今回はiTunesからアルバム4枚を購入したいので、合計は\8,000也。


店頭で購入するより、\4,600もお得!
これじゃぁ、CDショップが閉店に追い込まれる理由も納得できる。


購入する前に、今回購入する歌手のその他の楽曲を調べようと、
月額契約しているTSUTAYAの宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」のHPを開いてみると・・・。

iTunestoTUTAYA01.jpg

・・・!!!(゚ロ゚;)エェッ!?

iTunestoTUTAYA02
1/31までの期間限定で 、CD単品レンタル120円(送料別)キャンペーンやっていたwww
 ※2月末まで期間延長になりました。
 詳細は「TSUTAYA DISCAS」のHPで確認して下さい。


アルバム4枚を借りた場合は・・・\769(税込・送料込み)


・・・ちょっと考え中・・・。

iTunesで曲を購入するメリットは、
①購入後すぐ聴ける。
②単曲で購入できる。
③新譜が購入できる。
④AppleIDさえあれば、いつでも再ダウンロード可能。
⑤iTunesに曲を取込む作業が必要がない。
⑥CDで購入するより安い。
⑦欲しいCDの在庫を気にする必要がない。
⑧家から出る必要が無いwww

しかし、
TSUTAYAの宅配レンタルの価格は、iTunesの約10分の1以下
(※アルバム4枚をレンタルした場合)



うん!
今回は、TSUTAYAの宅配レンタルにしよう!(笑)


欲しいCDの在庫の有無を気にしたり、バックアップを自分で行う必要がありますが、
それでもこの価格で宅配してくれるのは魅力!
あとは、誰が触った分からないCDを大事なPCに入れたくない!って人には不向きですね。
実際、レンタルCDの鏡面の小キズはヒドイものです。(マジでどんな扱いをしているんだ?)
多少の小キズなら音質に影響はないので、私は気にしません。


そして、

iTunestoTUTAYA03-1.jpg
▲2日で届いた。
 いつものDVD2枚は紙の封筒で届くが、CD4枚はビニールの封筒だった。


さっそく、iTunesに取り込んでから全曲聴いていみると、
プレビューで聴いた時のイメージと少し違った曲が何曲かありました…orz
事前にiTunesのプレビューで曲の一部を聴いていたのですが、
やはり、丸々1曲聴かないと曲の善し悪しを判断する事は難しいと再認識しました。

こうなってくると、CD1枚あたりの単価が安いレンタルの方が、選曲を失敗した場合の
金銭的ダメージも少なくて済みます。

2013/1/31までのキャンペーンなので、2月末まで期間延長になったので、
またアルバムのレンタルで利用しようと思っています。
この期間だけiTunesは、TSUTAYAのラインナップに無いマニアックな曲の購入用ということで・・・。

欲しい曲によって「iTunes」と「宅配レンタル」を上手く使い分ければ、結構節約できるかも?



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。