HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  カメラ  »  RICOH GR 購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RICOH GR 購入

前回、コンデジのメイン機である SONY「DSC-TX7」が、
ショックな事になったので、3年振りにコンデジを買い換える事にしました。

今回、こだわったのは3点だけ。
・高画質。
・出張に持っていけるサイズ。
・操作性重視。(タッチパネルは論外)

で、店頭で色々な実機を散々触りまくって、コレに決めました。

RICOH GR 01
▲「RICOH GR」
 福沢諭吉を9枚渡して、野口英世が数枚戻ってくるお値段でした。。。
 発売から1ヶ月しか経っていないので仕方ない。

底値になりつつある「RICOH GR DIGITAL Ⅳ」とも迷いましたが、
いくら名機でも2年前に発売した製品を購入するのは、かなり抵抗がある。
それと、
「RICOH GR」は、手振れ補正無し、ズーム無し、最短撮影距離10㎝・・・と、
かなり難しいコンデジですが、私にはサブ機としてSONY「DSC-WX170」があるという
安心感も決め手の1つです。

操作性は、とても気に入っています。
メニューの階層も深くなく分り易く、カメラ背面には物理ボタンがあり、
ボタンの役割を好みにカスタマイズできます。
特に、背面右端にある「+」と「-」の露出補正ボタンがとても便利に感じました。
私は撮影の際、露出を調整する事が多々あり、
これがダイレクトに、しかも操作しやすい位置で調整出来る点は素晴らしい!

でも、一番の決め手は、
APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載しているということ。


早速開梱。
RICOH GR 02
▲貫禄のある落ち着いた大人のデザイン。
 こういう方が飽きがこなくて良いかも。

重さはそれなりにありますが、大きめなグリップ部分がある為、
片手でも持ちにくいとは思いませんでした。

まずは充電。
RICOH GR 03
▲バッテリーはカメラ本体で充電する。
 ・・・不便!
 高級コンデジなんだから充電器ぐらい付属しろよ。
 
しかも、何だよ!
このミニUSBでもマイクロUSBでもない、
USB・AV OUT兼用端子ってwww



充電完了を待っている間に、「RICOH GR」購入者向けのキャンペーンに応募。
RICOH GR 15
▲貰える物は貰っておく!

予約していないのに・・・。
RICOH GR 14
▲諦めていた「GRご予約特典 オリジナル RED リング」のお知らせが封入されていました。
 コレもダメもとで応募。


・・・3日後。


「発送に約1ヶ月かかります」と記載があったが、
応募して3日で届いたwww
RICOH GR 07
▲締め切りまで残りわずかだったが、先着5,000名に間に合ったということか・・・。

RICOH GR 08
▲おお!REDリングも同梱されていた。
 嬉しい・・・。
 もしかしたら、「RICOH GR」って予想以上に売れていないとか?
 
ちなみに、Made in Chinaのストリートバッグですが、
接着剤の匂いがキツくて、正直使う気にはなれませんでした(爆)
海外製の安物のバックや靴にはよくある事ですが・・・もう少し厳選してよ!

気を取り直して、GRにREDリングを装着。
RICOH GR 09
▲・・・ちょっと目立ち過ぎじゃない?
 もうちょっと控え目な感じでも良かったと思うのですが・・・。
 しばらく使用して戻します。


「RICOH GR」用に購入した物。

液晶保護フィルム
・PRO GUARD ARSH for RICOH GR DIGITAL IV,III CX- GXR / DCDPF-PGRICX
TVに映すケーブル
・HORIC HDMIマイクロケーブル 2.0m タイプDオス-タイプAオス シルバー HDM20-040MCS
予備バッテリー
・RICOH リチャジャブルバッテリー DB65
RICOH GR 04

バッテリー充電器
・RICOH バッテリーチャージャー BJ-6
RICOH GR 05
▲中身に対して外箱がデカすぎ。
 当然、中はスカスカでした。

レンズクリーナー
・HAKUBA レンズペン2 【コンパクトカメラのレンズ用】 ミニプロ BK KMC-LP8B
カメラケース
・HAKUBA ツイン パック カメラ ポーチ M BK SPG-TPCPM-BK
RICOH GR 06
▲持ち運び用のケースは悩みました。

RICOH純正ケースの「GC-5」を購入する予定でしたが、止めました。
マグネットを使用している点と、収納時に隙間だらけなので無防備過ぎる。

で、上記の写真にあるコレを買いました。
RICOH GR 10
▲わかっていた事ですが分厚い。。。
 でも、「GR」が収納可能なこのタイプのケースは、他に見つけられませんでした。

RICOH GR 11
▲メインポケットに「GR」、サブポケットに「iPhone5」、外部ポケット「予備バッテリー」。
 が、パンパンになってしまったので、収納するのはカメラと予備バッテリーだけにしました。

RICOH GR 13
▲それでもこの厚さ。 

RICOH GR 12
▲これくらいの余裕があるのがベスト。
 でも、ケースの構造上、カメラを出す時にGRのリング部分が入り口に引っ掛かって、
 出しづらい時がありました。

ケースは買い替えを検討する余地がありそうです。

記録メディア
・以前に別目的で購入した16GB(Class10)を使用しています。
 

次回は、「GR」で撮影した写真をアップしようと思います。






関連記事
スポンサーサイト
Comment
はじめまして。
GRを買おうか迷っている中
ブログを拝見させていただきました。
ちょっと伺いたいんですが
GRのバッテリーは一度満タンに充電したら
どのくらい使えるんですか?
また、旅行と普段用ですので、おすすめしますか?
すみません、よろしくお願いします。
Re: タイトルなし
みりさん。
コメントありがとうございます。

> GRのバッテリーは一度満タンに充電したらどのくらい使えるんですか?
すみません。
今まで満タンの状態から使い切った経験が無いので分かりません。
私は1回の撮影で120枚前後を撮りますが、撮影後のバッテリーは1目盛り減っています。
設定は下記のようにしています。
・撮影サイズ:3936×2608(M)
・フラッシュ:OFF
・画像モニター輝度調節:AUTO
・操作音音量:OFF
・画像モニター節電:ON
・電源ボタンランプ:OFF
メーカー仕様では290枚となっているので、設定次第ではそれくらい撮れるのではないでしょうか。
私は念の為、常に予備バッテリー(メーカー純正)を1個持ち歩いています。

> 旅行と普段用ですので、おすすめしますか?
正直、お勧めしません。
上記の様な利用を考えているのであれば、やはり【ズーム】や【手ブレ補正】の機能が
搭載されているデジカメの方が向いていると思います。
(一応、擬似ズームとして28mm→35mm→47mmと画角を変更できるクロップ機能はありますが、
撮影サイズが一部制限されます)
オートフォーカスもあまり賢くないので、撮影モードの「オート撮影モード」はお勧めしません。
常に「プログラムモード」を使用し、その環境にあった設定を行った方がストレスが溜まりません。
なので、私の場合、普段使い用に一般的なデジカメも併用しています。
ただし、みりさんが一眼レフ等で単焦点レンズを使用した経験がおありで、
【ズーム】や【手ブレ補正】機能の必要性を感じていなければ、
十分楽しめるカメラだと思いますよ。

以上、参考になれば幸いです。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。