HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  iPhone・iPad  »  iPhone5 ケース購入⑤ SGP レザーウォレットケース SNAP(スナップ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5 ケース購入⑤ SGP レザーウォレットケース SNAP(スナップ)

本社勤務に戻ってからは、休み時間になると
お財布とiPhone5を持ってコンビニへ向かいます。(OLか!www)

コンビニでの支払方法は、「iD」による電子マネー。

そうすると、
支払で「iD」のカードを出すためだけに、お財布を持ち出すのちょっと面倒・・・。
かといって、休み時間の度に「iD」をお財布から取り出したり、しまったりするのも面倒・・・。

で、前回のiPhone4S用ケース「BookBook」に懲りず、ウォレットタイプのケースを購入しました。

iPhone5ケース⑤SNAP01
▲SPIGEN SGP iPhone5 レザーウォレットケース SNAP(スナップ)
 ¥5,790(税込・送料込み)


▲決め手は、革ケースからiPhone5をハードケースに装着したまま簡単に脱着できる事。


早速、装着。

iPhone5ケース⑤SNAP02
▲いいね。作りもシッカリしていて、高級感もある。
 ポケットの赤いラインがオシャレて格好良い!

そして、革ケースから分離!
iPhone5ケース⑤SNAP03
▲電話がかかってきたら、革ケースを折り曲げて話す事もできますが、
 やっぱり、このハードケースのみでスマートに会話したい。

分離後、ハードケースの裏を見ると・・・
iPhone5ケース⑤SNAP04
傷がつきました・・・orz
装着時にハードケースが無傷だった事は確認していたので、脱着時に付いた傷であることは確定。

うーん、プラスチックの部分が馴染むまで、公式PVのように横にスライドして
分離するのは控えた方がいいかも(泣)
分離させる時は、箱に印字された取説通りに行いましょう。。。

今は、こうやって外しています。(3:25くらいから)

▲もう恐くて、スライド外しができません。。。

iPhone5ケース⑤SNAP05
▲一応、傷は油性の黒マジックを薄く伸ばしたら、
 目立たなくなったので良しとしよう(泣)

ちなみに、ハードケースは「つや消し」のプラスチック製です。
長く使用していると、指紋(手の脂)が結構目立ちます。
革ケースに比べ、ハードケースは高級感がありません。


閉じた状態
iPhone5ケース⑤SNAP06
▲革ケースとハードケースの設置面の両サイドには、ガイドが付いているので、
 装着時にハードケースがズレる事はなさそう。

接続部分
iPhone5ケース⑤SNAP07
▲イヤホン部分も、ちゃんと加工されている為、
 愛用している「SONY XBA-20IP」も問題無く使用できた。


ポケットは3つありますが、全箇所にカードを入れたらパンパンになったので、
「Toica」を横ポケット、「iD」は縦ポケットに入れる事にしました。
iPhone5ケース⑤SNAP08

前回の「BookBok」ケースのカード読取り検証と同様で、「Toica」「iD」が重なって収納されている場合、
「Toica」は問題無く読取れますが、「iD」は読取りエラーになりました。


■解決策■
コンビニ等のリーダーに読み込ませる際に「iD」をポケットから上にズラします。
iPhone5ケース⑤SNAP09
▲このくらいズラすと、ほぼ100%の確率で読み込めた。
 (当たり前だwww)

ただし、横ポケットに収納した「Toica」が、ポケット内の上の方に移動していると、
「iD」に被る面積が増えてしまい、上手く読み込めない事がありました。
「Toica」が横ポケット内で常に下側に留まるような方法を考えなくては。。。


まとめ

BookBookケースの時みたいに、液晶全体に「革の油」がベットリと付着する事もありません。
革の質感、ケースの作りもシッカリしていて、革ケースとしての完成度は高いです。
以前、BookBookケースのレビューで、「シチュエーションによっては革ケースが邪魔になる」
という不満を挙げましたが、このケースはセパレート構造の為、前回のような不満はありません。
会社では革ケースと一体化で、自宅に帰ったらハードケースのみで使用。
生活スタイルによって、簡単にケースのスタイルも変更できる。
これって、すごく便利です。

不満点は、PVの様にスマートに革ケースから脱着が出来ないこと。
2ヶ月使用したら、プラスチックが馴染んできて、
スライドして革ケースから脱着出来るようになりました。(多少力は必要)
電話に出る際、ハードケースだけで使用できるので、すごく便利になりました!

あとは、革とハードケースの接合個所がプラスチックの為、
頻度に脱着を繰り返した場合の耐久性が気になります。
(何か起こったら、その時は報告します)


BookBookケースより実用的なウォレットケースなので、
しばらく使い続ける事にします。





関連記事
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。