HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ヒトリゴト  »  海外ドラマ【ER緊急救命室】 最終回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ドラマ【ER緊急救命室】 最終回

2011年3月10日は、待ち遠しくもあり、残念な日でもありました。

それは、
15年間も続いた海外ドラマ【ER緊急救命室】が、遂に最終回を迎える日だからです。(日本)

ER-最終回

同日の早朝に、iOS4.3のリリースがありましたが、【ER】の最終回に比べたら後回しのレベルですwww
(ごめんApple!)
それだけ、面白いと心の底から思え、ハマった海外ドラマでした。


最初に観たのは中学生の頃で、「エロイな~」ってのが、第一印象でしたwwwwww
初めて観た回が、グリーン先生が診察室で恋人とXXXしていたシーンや、
研修医のカーターが女性の下半身を診察するシーンとかだったので。。。(うる覚えですが)

中学生の私にはちょっと刺激が強すぎました(恥)

しかし、私も成長するにつれ、これらの演出はただのお色気シーンではなく、
人間臭さを表す為に欠かせないシーンである事を理解すると、このドラマの真の面白さに魅かれていきました。
決して全てがハッピーエンドで終わらない点も、リアルさに拍車をかけていたと思います。
このドラマの中に、人間の美しさ、優しさ、欲望、嫉妬、葛藤、復讐が全て凝縮されていると言っていいでしょう。

今でもここまで自然に、そしてリアルに人間関係と医療現場を表現したドラマは観た事がありません。
この医療ドラマを観てしまうと、他の医療ドラマは学芸会レベルに観えてしまいます。



数多く登場した人物も個性的で印象深かったですが、ファーストシーズンから
特にお気に入りだった俳優は、ダグラス・ロス役の「ジョージ・クルーニー」でした。

私が既に超有名人だと思っていた「ジョージ・クルーニー」も、この時はほぼ無名に等しく、
当時の英語の授業でアメリカ人の先生に、


先生:『好きな海外の俳優は誰ですか?』
私:『ジョージ・クルーニー!』
先生:『誰?何の映画に出ているの?』
私:『今やっているERってドラマの医者役です。』
先生:『・・・調べておくわ』


『ER』の名前を出したら、1人だけ知っている生徒がいましたが、他はピン!ときていない様子でした。
この時は、マジで悔しかった!
今では、泣く子も黙るジョージなのにね。

また、15年という長い月日が、現実の登場人物にあたえる変化が観られるのも面白さの1つでした。
最終回に、あの問題児だったレイチェルが医大生として登場した時は、感動してしまいました。
長い期間続いたドラマだから出来る演出です。


そんなこんなで途中、新シーズンが何時から放送開始されるのかが分からず、
見逃した回もありましたが、15年間観続けてきたわけですよ!
だから、こんな素晴らしいドラマが終わってしまうのは、本当に残念でしかたありません。


最後に一言、

ファーストシーズンから15年間、長い月日を素晴らしいドラマと共に歩んでこれた事を嬉しく思います。
ありがとう【ER緊急救命室】!!!


全巻DVDボックスとか発売になったら買っちゃうかもw








関連記事
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。