HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  カメラ  »  防湿庫 購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防湿庫 購入

がっつり梅雨です。

デジイチ初心者なので、非常に湿気が気になります。

普段、デジイチは以前購入したドライボックスに収納していますが、蓋を開けたり閉めたりすると湿度がなかなか下がらなかったり、
デジイチを出し入れするのが面倒だったりして、ちょっと悩んでいました。

私の購入したドライボックスの出し入れは本当に面倒。
2段式になっている為、上段のトレイをどかさないとデジイチが取り出せません。
もっと気軽に取り出せて、確実に湿気から守りたい!(≧Д≦)/


で、思い切って買っちゃいました。(1週間前)
ED-41CDB.jpg
ED-41C2DBDSC03946.jpg
東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 41L ED-41CDB
¥25,750(税込・送料込)

この機種にした理由。
○国内トップクライスのメーカー
○レンズを並べられるスポンジが付いている
○脱臭・抗菌・防カビ・浄化し、庫内をクリーンに保つ、光触媒機能付き電子ドライユニット搭載!
詳しくは、メーカーHPで。

あと、
みなさん防湿庫を購入する際に、共通の悩みにブチ当たるそうです。
それは、サイズです。
私もブチ当たりましたが、デジチイ1台、コンデジ1台、交換レンズ2本(予定)、小物少々、くらいしか思いつかなかったので、
迷わず一番小さいサイズに決めました。
レンズ欲しい病を抑える為の縛りでもあるw


さっそく設置!
ED-41CDBDSC03950.jpg
おぉ、イイじゃないか!(≧∀≦)/
本体サイズも丁度良く、金属製でシッカリしている。

右側のボックスが、今まで使用していたドライボックス。今は小物を収納しています。
その上に乗っているのは、ゴムの臭いがきつくてカメラと一緒に収納できないブロアー。100均のケースに収納www

デジタル温湿度計も大きくて見やすい。
防湿庫内の湿度は、中のつまみで調節しますが、これが結構シビアでした。様子を見ながら2,3日かけて思い通りの設定にしました。
常時45%RH前後で保てるようにしています。
(あまり低過ぎても、ゴムなどに良くないらしいので)

後ろの壁との距離は2cm以上あけるように取説に書いてあったので、そのようにしています。

中身は、
ED-41CDB004.jpg
奥で青く光っているのが、光触媒を照らす可視光LED照明(ブルーライト)です。
これにより、常に光触媒作用が連続して行われ、最高のクリーン機能を発揮するようです。

交換用バッテリーや、充電器を入れたら、上段は結構いっぱいになってしまった。
下段の交換レンズは、まだまだ余裕です。

2台以上のデジイチの収納を考えている方は、これより上のサイズを購入した方が良いと思います。
これは、デジイチ1台用だね!


防湿庫って、かなり敷居の高い物だと思っていましたが、そうでもなかったwww
逆に、もっと早く買えばよかったよ!

さて、これで梅雨も心配なく越せそうですし、デジイチも断然取り出しやすくなりました。
梅雨が明けたら、カメラ持って出掛けるぞ!・・・まだ、カメラバック買ってねぇや。。。






関連記事
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。