HOME   »  iPhone・iPad
Category | iPhone・iPad

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5 ケース購入⑤ SGP レザーウォレットケース SNAP(スナップ)

本社勤務に戻ってからは、休み時間になると
お財布とiPhone5を持ってコンビニへ向かいます。(OLか!www)

コンビニでの支払方法は、「iD」による電子マネー。

そうすると、
支払で「iD」のカードを出すためだけに、お財布を持ち出すのちょっと面倒・・・。
かといって、休み時間の度に「iD」をお財布から取り出したり、しまったりするのも面倒・・・。

で、前回のiPhone4S用ケース「BookBook」に懲りず、ウォレットタイプのケースを購入しました。

iPhone5ケース⑤SNAP01
▲SPIGEN SGP iPhone5 レザーウォレットケース SNAP(スナップ)
 ¥5,790(税込・送料込み)


▲決め手は、革ケースからiPhone5をハードケースに装着したまま簡単に脱着できる事。


早速、装着。

iPhone5ケース⑤SNAP02
▲いいね。作りもシッカリしていて、高級感もある。
 ポケットの赤いラインがオシャレて格好良い!

そして、革ケースから分離!
iPhone5ケース⑤SNAP03
▲電話がかかってきたら、革ケースを折り曲げて話す事もできますが、
 やっぱり、このハードケースのみでスマートに会話したい。

分離後、ハードケースの裏を見ると・・・
iPhone5ケース⑤SNAP04
傷がつきました・・・orz
装着時にハードケースが無傷だった事は確認していたので、脱着時に付いた傷であることは確定。

うーん、プラスチックの部分が馴染むまで、公式PVのように横にスライドして
分離するのは控えた方がいいかも(泣)
分離させる時は、箱に印字された取説通りに行いましょう。。。

今は、こうやって外しています。(3:25くらいから)

▲もう恐くて、スライド外しができません。。。

iPhone5ケース⑤SNAP05
▲一応、傷は油性の黒マジックを薄く伸ばしたら、
 目立たなくなったので良しとしよう(泣)

ちなみに、ハードケースは「つや消し」のプラスチック製です。
長く使用していると、指紋(手の脂)が結構目立ちます。
革ケースに比べ、ハードケースは高級感がありません。


閉じた状態
iPhone5ケース⑤SNAP06
▲革ケースとハードケースの設置面の両サイドには、ガイドが付いているので、
 装着時にハードケースがズレる事はなさそう。

接続部分
iPhone5ケース⑤SNAP07
▲イヤホン部分も、ちゃんと加工されている為、
 愛用している「SONY XBA-20IP」も問題無く使用できた。


ポケットは3つありますが、全箇所にカードを入れたらパンパンになったので、
「Toica」を横ポケット、「iD」は縦ポケットに入れる事にしました。
iPhone5ケース⑤SNAP08

前回の「BookBok」ケースのカード読取り検証と同様で、「Toica」「iD」が重なって収納されている場合、
「Toica」は問題無く読取れますが、「iD」は読取りエラーになりました。


■解決策■
コンビニ等のリーダーに読み込ませる際に「iD」をポケットから上にズラします。
iPhone5ケース⑤SNAP09
▲このくらいズラすと、ほぼ100%の確率で読み込めた。
 (当たり前だwww)

ただし、横ポケットに収納した「Toica」が、ポケット内の上の方に移動していると、
「iD」に被る面積が増えてしまい、上手く読み込めない事がありました。
「Toica」が横ポケット内で常に下側に留まるような方法を考えなくては。。。


まとめ

BookBookケースの時みたいに、液晶全体に「革の油」がベットリと付着する事もありません。
革の質感、ケースの作りもシッカリしていて、革ケースとしての完成度は高いです。
以前、BookBookケースのレビューで、「シチュエーションによっては革ケースが邪魔になる」
という不満を挙げましたが、このケースはセパレート構造の為、前回のような不満はありません。
会社では革ケースと一体化で、自宅に帰ったらハードケースのみで使用。
生活スタイルによって、簡単にケースのスタイルも変更できる。
これって、すごく便利です。

不満点は、PVの様にスマートに革ケースから脱着が出来ないこと。
2ヶ月使用したら、プラスチックが馴染んできて、
スライドして革ケースから脱着出来るようになりました。(多少力は必要)
電話に出る際、ハードケースだけで使用できるので、すごく便利になりました!

あとは、革とハードケースの接合個所がプラスチックの為、
頻度に脱着を繰り返した場合の耐久性が気になります。
(何か起こったら、その時は報告します)


BookBookケースより実用的なウォレットケースなので、
しばらく使い続ける事にします。





iPhone5 ケース購入④ Element Case Sector 5 Standard Edition for iPhone 5 FLUX SILVER

ElementCaseSector5-0001-01.jpg


仕事の状況が変わり、最近はiPhone5をポケットから取り出して操作をする事が増えました。
で、色々な所にぶつけてしまう機会も同時に増えました。

一番最悪だったのは、電車の中での事です。

スプリングコートを着た状態で、その下に着ているスーツの胸ポケットにiPhone5を手探りで入れたつもりが、
下車の為に立ち上がった瞬間、足元の方からの「ゴトン!」という鈍い音が。。。
その音の方向に目をやると、私のiPhone5が電車の床に突っ伏していた事です。
その時は冷静をよそおって下車しましたが、電車がホームを過ぎ去った事を確認して、
アタフタしながら被害状況をチェックしました。。。

そういう時に限ってケースに収納していなかったりするんですよね。。。(電車を降りてからすぐ使おうと思っていたので)
電車の床に少し弾力があった事と、コートとスーツの摩擦により落下速度が遅かったこともあり、
液晶もも割れずiPhone5本体に傷は残りませんでした。

やはり、頻度にポケットから取り出して操作をする場合、以前購入したケースだと不便に感じてきました。

そこで、以前から気になっていたコレを購入。
ElementCaseSector5-0025.jpg
Element Case Sector 5 Standard Edition for iPhone 5 FLUX SILVER
▲14,490円 (税込) 送料込

色々候補はありましたが、金属質な重厚感が気に入った事と、極端にレビュー数が少なかった事もあり
半分は興味本位で購入しました。(興味本位で購入する金額ではないが。。。)

でも、金属製のバンパーには良い思い出がないんだよね。


で、到着。
ElementCaseSector5-0002.jpg
ElementCaseSector5-0003.jpg
▲バンパーなのに、箱はかなりの厚みがあります。

箱を空けてみると、
ElementCaseSector5-0004.jpg
▲バンパー本体が一番上にあって、その下に・・・

ElementCaseSector5-0005.jpg
▲カバン等のショルダーベルトに取り付けられる収納ケースが付属していました。
 箱が大きい理由はこれでした。

上着を着なくなるクールビズの時期は、ビジネスバックを肩から斜めに掛けて使用するので、
丁度いいかも!と思って、iPhone5を収納してみたら・・・!?
接着剤の匂いがかなりキツイ
数時間iPhone5を収納していただけで、iPhone5自体にも接着剤の匂いが移りました。

・・・付属の収納ケースはッポイ!です。
イラネ!!(*゚Д゚)ノ⌒゚ ポィ.

このバンパーの偽物が本家の約1/10の価格で出まわっていますが、
偽物との違いを調べてみたら本物のようでした。
ElementCaseSector5-0011.jpg
▲偽物と違い、フォントと文字のバランスが整っている。

ElementCaseSector5-0012.jpg
▲偽物と違い、ロゴ全体的が骨太でフォントが綺麗。(特に「E」の真ん中の棒)

こちらのHPを参考にさせて頂きました。


その他の付属品はこんな感じ。
ElementCaseSector5-0006.jpg

はい!装着完了www
ElementCaseSector5-0009.jpg
▲ホワイトカラーのiPhone5には、はやりシルバーが似合う。


バンパーの装着方法は簡単です。
ElementCaseSector5-0008.jpg

まずは、iPhoneの周囲に付属のスキンシールを貼ります。
スキンシールはシルバーとブラックの2色が付属していました・・・。

・・・あのさぁ、
このスキンシールが無くなったら、もうこのバンパー装着出来ないってコト?
シール無しで装着したらiPhone5がキズだらけになりそうだし。
・・・予備のスキンシールもっと付けとけよ!
シールを貼って暫く経った後に剥がそうとしたら、シールが伸びちゃって再利用出来ない感じがしました。
これだと気軽に裸iPhoneに戻せそうにありません。
(本家アメリカの公式サイトでは、ちゃんと別売りされています。)

バンパーの一箇所を付属の専用ドライバーでネジを外し、iPhone5の周りを囲むように装着します。
最初はネジの締め付け加減が分からないので、あまり無理に締め付けないように注意します。

バンパーの一部がiPhone5の内側に食い込んでiPhone5を固定しているわけではなく、
iPhone5を周囲から軽く圧迫してiPhone本体とバンパーをガッチリ固定しています。
内側のクッション素材は、電波干渉を防ぐと同時に、iPhoneを固定する為のものでした。
ElementCaseSector5-0007.jpg

この固定方法によるメリットは、バンパー装着時にありがちな「液晶保護フィルムが浮く」という現象が発生しない事です。
これは非常に嬉しい!
今までバンパーを装着する度に保護フィルムを剥がす必要があり、泣かされていましたから。。。

この固定方法によるデメリットは、この動画を御覧ください。


▲個体差だと思いますが、こうなる事もあるようです。
 恐ろしい。。。

周囲から程良い圧力を得るためには、かなり精密な設計が必要になります。
バンパーの精度が悪く、固定する圧力が弱いと当然こうなるだろうな。。。

私のバンパーは動画のような事になならない正常品でしたが、耐久性が心配です。


ElementCaseSector5-0010.jpg
▲握った感じは予想と違って、とても良好。
 個人的には握り易い横幅になった。
 手の小さい人だと、片手で握った状態で液晶の下から上まで親指が届かなくなるかも。

ElementCaseSector5-0016.jpg
▲背面をキズから守る布製の保護シールが付属していましたが、あえて装着しません。
 だって、林檎マークが見えなくなるのは嫌だ!

ElementCaseSector5-0021.jpg
▲電源ボタンは、専用ボタンが用意されているので押しやすい。
 音量やマナーボタンもこうしてほしかった。。。

ElementCaseSector5-0022.jpg
▲愛用中のイヤホン「SONY XBA-20IP」は装着可能。


既に2週間使用しているので、簡単に感想を。

■良かった点
・見た目以上に軽い。
・全体的にエッジが効きいた構造ですが、力強く握らない限り痛い!と感じることはなかった。
・本体がつや消し加工がされているので、裸iPhone5よりグリップ感が上がる。
・iPhoneの横幅が広がると握りにくくなると思っていましたが、
 裸iPhoneの時は手の中で踊ることが時々あった為、私にはシッカリ握れる横幅になった点は嬉しい誤算。
・表裏面ともに僅かですが、パンバーがiPhoneより少し盛り上がっている為、置いた面が傷付くことは無さそう。
・バンパーを装着しても背面の液晶保護シートが浮かない。

■マイナス点
・電波の受信感度が不安定になった。
ElementCaseSector5-0023.jpg
▲いくら電波干渉の対策を施したとしても、金属を使用した時点で避けられない問題なのか?
 詳細は下記に記載。

・全体的にエッジが効いている為、ぶつけた物すべてに傷跡を残します。。
 例えば、スーツの生地、机、壁等・・・(頑丈な事は良いことだw)
・ジーンズなど色移りしやすい衣類のポケットに入れておくと、バンパーに色が移る。
 (こすれば色は落ちます)
・装着・脱着には付属の専用ドライバーが必要。
・着信音がうるさい時やシャッター音を小さくした時、iPhone5の右側のスピーカーを
 指の腹で覆おうと音を遮断できましたが、それが出来なくなった。
・音量・マナーボタンが指の腹で押せなくなった。
ElementCaseSector5-0017.jpg
ElementCaseSector5-0018.jpg
▲サイドボタン側の谷が深い・・・。
 もう片手だけで音量調節ができません。

・Lightningコネクトのカバーが外せない。
ElementCaseSector5-0020.jpg
▲こちらも谷が深く、通常のコネクトカバーだと取り外すのに大変です。
 しかし、以前紹介した完全に収まらないコネクトカバーを使用したら
 取り外しがスムーズになったwww(捨てなくて良かった)


■電波を数値化してみた。
やり方は「iPhone 電波 数値」で検索すれば調べられますが、
実施は全て自己責任になります。

・装着前(自宅)
ElementCaseSector5-0028-01.png

・装着後(自宅)
ElementCaseSector5-0029-01.png

-51 〜-100  → アンテナ5本
-101〜-105  → アンテナ4本
-106〜-110  → アンテナ3本
-111〜-113  → アンテナ2本
-114〜-121  → アンテナ1本
-122~    → 圏外

今まで自宅では、常にアンテナが5本でしたが、バンパー装着後は4本になっている事が多くなりました。
時々、5本に戻ります。
(常にバリ5の環境下の人は、あまり気にする必要は無いかも。。。)
数値でみると微々たる程度かもしれませんが、アンテナの数が1本減るのは予想以上に凹みますよ。。。


でも、iPhone5の電波受信部分って、背面の上部に変わったはずだから、
バンパーの影響は受けないはずなのになぁ。。。不思議だ。


ちなみに私の職場の電波状況はこんな感じでした。

・装着後(職場)
ElementCaseSector5-0030.png
▲バンパーを装着してもバリ5レベルを保っています。



不満点はありましたが、デザインと持った感じが気に入ったので暫く使用する事にします。

あー、コレも使えなくなったぁー(´・ω・`)






iPadの新たな使い道

iPadと星座0004-002

iPadを購入した皆さんは、どのように活用されているでしょうか?

私は初代iPadを所有しています。
購入した当初はネット閲覧を中心に使用していましたが、
度重なるアップデートによる動作の遅延化、偏った電子書籍のラインナップと破天荒な価格設定、
そして、MacBookAir2011の購入等をきっかけに、ここ1年は全く使用していませんでしたwww
iPadと星座0003
▲購入依頼、初めてケースを外したら背面の芸術的な仕上がりに感動。


そんな時です。
母親様が「星座を観たいから、星座盤をネットで注文してほしい」との依頼。

ネットで一通り調べてみると。。。
あるにはあったのですが、そんなに種類は多くなく、母親様が希望するような星座盤は見つかりませんでした。
希望とは、私が小学生の頃に使用していた物。
確かにあれは見易かったし、作りもシッカリしていた。
でも、10年前の引越しの際に捨てちゃったんだよね。

私はiPhone5に天体観測ガイドアプリがあった事を思い出し、試しに使わせてみました。

「Star Walk - 5つ星の天体観測ガイド」iPhone版
iPadと星座0005-01
▲250円…!?
 私が購入した頃は、もっと高かった気がする。。。
 iTunesプレビュー

私もまともに使用した事はありませんでしたが、アプリを立ち上げて夜空にiPhone5をかざすと、
位置情報と加速度センサーにより、画面中の星座がギュンギュン動き出します。
(昼間でも可能です)
そして、自分が見上げている夜空と同じ夜空を表示してくれます。
さらに、カメラを利用すると、実際の星座と重ね合わせる事もできました。
(でも、このカメラを利用した機能は見難かったw)

母親様の感想は、
「画面がちっさ過ぎて見辛い!疲れる!いらない!」


・・・。
iPhone5、お前が悪いわけではないんだよ。


ここで、1年ぶりのiPad(初代)の登場!
これなら画面も大きいし、文句は無いだろうと、
iPad版の「Star Walk for iPad - 5つ星の天体観測ガイド」を購入。
iPadと星座0005-01
▲こちらも250円。こんな安かったけ?
iTunesレビュー

購入してPCと同期・・・しようとしたら、バッテリーが切れていて無反応。(そりゃそうだw)
確か満充電に4時間くらいかかるので、母親様には翌日まで待ってもらうことに。


次の日の夜、母親様に使わせてみると、今度は満足のご様子。
夜の庭で一人iPadをブン回していました。
(ちょっと重い!と言っていましたが無視。。。)
自宅の庭ならWi-Fiも届くので、そのまま「Star Walk」で星座を調べていました。
気になった星座については、その場で調べられる点も便利です。


▼関連動画を見つけたので紹介。







天候に左右されず、外に出なくても、いつでも星座が確認出来るのは便利です!
こういった良質のアプリがもっと増えてほしいです。


私はこの先もiPadを使う予定がないので、そのまま母親様にあげる事に。

iPadの復元と細かい設定をしてから、必要な物を全て渡しました。
iPadと星座0002
▲iPadに付属していたケーブルが未使用www

ちゃんと使ってくれる人が見つかり、iPadも喜んでいることでしょう。


この後、母親様からiPadの使い方について、
質問攻めにあったのは、言うまでもありません・・・. (´・ω・`)






iPhone5 ケース購入③ Lim Phone Sleeve for iPhone5

年末休暇もあっと言う間に2日間が過ぎてしまい、明日は大晦日。
連日、深夜までの忘年会の為、お昼くらいまで寝ていますが、
これこそ年末休暇の醍醐味だと思っております(`・ω・´)キリッ

2012年最後のブログは、ビジネス時に使用するiPhone5専用ケースのレビューです。
iPhone5-assiston0001.jpg
▲ビジネス時は、iPhone5を上着のポケットに入れています。

ポケットに入れるので裸iPhoneでも全然問題ないのですが、落下やデスクの上に置く際の
ちょっとした傷防止になればと思い、コレを購入しました。
iPhone5-assiston0002.jpg
▲Lim Phone Sleeve for iPhone5 ブラック \6,930

>詳細は公式HPを参照。

実は予約したのが約1ヶ月前・・・。
予定より早く届きましたが、待ちくたびれたよ!

以前にも少しこのケースについて書きましたが、
実はiPhone3Gの頃から(裸iPhoneに戻した時に)使用しているケースなので、
品質の良さは私自身で検証済みです。
・薄い!
・軽い!
・丈夫!
今回のiPhone5版も安心して購入できました。


5専用と3G専用の比較
iPhone5-assiston0003.jpg
▲iPhone5専用(左)、iPhone3G専用(右)
iPhone5-assiston0004.jpg
▲iPhone5専用(左)、iPhone3G専用(右)

3G専用との違いは、
・丈の長さ
・厚み
・側面ボタンの切り抜きの長さ
・底の穴の位置

さっそく、ブカブカだった3G用のケースから移し替えてみました。
iPhone5-assiston0005.jpg

相変わらず、超ピッタリ!


さすが日本製!
職人さんの丁寧な仕事ぶりが、ケースに入れた瞬間に実感できます。
もちろん革の質感もとても上質。
この品質の安心感がたまらないwww
1ヶ月間も待った甲斐がありました。

最初はiPhone5を入れる際にちょっと窮屈な感じがしますが、一週間も使用すれば丁度良い具合になりました。
逆さにしても落下しない程度の締め具合です。
iPhone5-assiston0008.jpg
▲サイド
 iPhone5専用は、音量ボタンも覆われていて、保護範囲が増しています。

iPhone5-assiston0006.jpg
▲丈はちょっとピッタリ過ぎるかな?
 iPhone5を入れた後に、ちょっと上から押してあげると綺麗に収まります。

iPhone5-assiston0007.jpg
▲iPhone5専用はイヤホンジャックの位置の関係で、ケース底の穴が左側になりました。
 3G専用はケース底の穴が右側にあり、着信音がケース内にこもるのを防止していました。
 iPhone5専用も完全にスピーカーを塞いではいないので、着信音が聴きとりづらくなる事はありませんでした。
 
私はイヤホンを使用する際、iPhone5を逆さに収納しています。
ケース底の穴からイヤホンを挿すと、iPhone5を取り出す際にイヤホンをイチイチ外す必要があるからです。
ちなみに、ケース底の穴間はiPhone5をケースから取り出す際に、指を入れて押し上げる為のものでもあります。

iPhone5-assiston0009.jpg
▲ケースに入れた状態でも、裸iPhone4Sと大差ありません。
 だから、ケースに入れた状態で胸ポケットに入れても、全く邪魔になりません。


【結論】
裸iPhone5専用の革ケースです。
見た目はシンプルですが、コンセプト~製造までとても完成度が高いケースだと思います。
全体を覆う革タイプのケースとしては珍しく、iPhone5の薄さ・軽さを損なうことなく使用できます。
ビジネスシーンにマッチした大人の雰囲気が漂うケースであり、私自身も所持する事の喜びを感じました。
ただし、iPhone5を操作するためには、ケースからiPhone5を出す動作が必要となります。
片手が塞がっている場合などの取り出しは、ちょっと面倒くさいです。
裸iPhone5を革ケースでスマートに持ち運びたい!って人にはお勧めだと思います。


■ご挨拶■
この一年、相変わらず "気まぐれ" に好き勝手に書いてまいりましたが、
読んで下さっている皆様には大変感謝しております。
今年一年、本当にありがとうござました。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!(≧∀≦)/









iPhone5 ケース購入② バード電子 iPhone5用ケース Tr-5B

Tr-5B-0019.jpg

プライベートでは、iPhone5を常にジーンズの後ろポケットに入れています。
素早く取り出し、素早く仕舞いたいので、バッグを持っている場合でも後ろポケットに入れる事が多いです。

椅子などに座る際、ポケットの中のiPhone5に負荷が掛かる事は何となく分かっていましたが、
3G、3GS、4Sと特に本体にダメージが出る事はなかったので、iPhone5もポケットに入れたまま座っていました。

しかし、ネットでこの写真を見てからは、後ろポケットに入れることを改めようと思いました。
iPhone5MGT0-01.jpg
▲あちゃ~、完璧に曲がっている。
 どうしてこうなったのかは不明ですが、負荷により曲がってしまう事は複数報告されているようです。

iPhone5がスリムな体形になった時から、嫌な予感はしていましたが。。。
やはりこうなったか。

で、

プライベート時の収納を考え直し、これを購入してみました。
Tr-5B-0001.jpg
バード電子 iPhone5用ケース Tr-5B \6,980(税込・送料込)
商品の詳細はHP参照

ベルトへの装着方法は2通りが可能です。
Tr-5B-0003.jpg
▲直接ベルトに付ける場合

Tr-5B-0005.jpg
▲ベルトにぶら下げる場合
 私はベルトにぶら下げる派です。


早速、iPhone5を入れてみました。


■iPhone5収納
Tr-5B-0007.jpg
▲iPhone5より一回り大きくスペースが取られている為、
 先日購入したバンパーを装着したままで入れることが出来ました。
 出し入れする際にちょっと窮屈。

Tr-5B-0008.jpg
▲横から見ると、こんな感じ。
 
Tr-5B-0009.jpg
▲底はこの様に隙間が開いているので、
 着信音がケース内にこもるのを防いでくれそうです。
 (上記の写真は裸iPhone5を入れてあります)

Tr-5B-0006.jpg
▲くり抜かれたドット模様が、レトロな雰囲気を出していてカッコイイ。
 これが「ラヂオケース」と言われる所以なのか。

サイズは、iPhone5用という事なので高さもピッタリです。
品質は、さすが日本製。シッカリした作りで、安心感があります。
それでいて、ケース自体が柔軟で軽いのも嬉しい。
海外製品の場合、接着剤の匂いが強くて気になる事が多いですが、
このケースは鼻に近づけても革のイイ匂いしかしません。
革自体の匂いも強くありません。


■カードポケット
Tr-5B-0010.jpg
▲購入したもう一つの目的が、定期券等のカードを収納する事です。

Tr-5B-0011.jpg
Tr-5B-0012.jpg
▲カードポケットも余裕のある設計なので、カードを出す時は、
 こうやって人差し指でカードを引き上げて・・・?

あれ?
こうやって、カードを引き上げて・・・??
・・・引き上げ・・・・・・・・・???!

っくそー!
何かに引っ掛かって、全然出てこない!・・・orz



【原因】
Tr-5B-0013-2.jpg
▲カードポケット内の段差です。
 丁度、カードの高さと同じ位置に段差があります。
 何故こんな仕様にしたwww

カードポケットの内側には、上下の革の折り返しがあり、
その段差にカードが引っ掛かって出てこなかったのです。
(私が試したカードサイズは、クレジットカードと同じサイズです)

                                       
【対策】
このままでは悔しいので、今回も自分で考えた対策案を実行してみました。

※ここからは、自己責任の作業です。
 私と同じような作業を行って、関連する機器の故障やAppleの保証対象外等になっても
 一切責任は持ちません。


クレジットカードとだいたい同じ厚さのウレタン製マットを、カードのサイズより少しだけ長くして切り抜き、
ポケット内の下敷きにしました。
Tr-5B-0014.jpg

下敷きを敷くことで段差がなくなり、ポケット内はフラットになりました。

▼対策後、実際に使用してみると、
Tr-5B-0015.jpg

うほ!
超スムーズに出し入れ出来るようになったよ(≧∀≦)/
大成功です!
あとは、両面テープで下敷きとポケットの内側を固定して完了です。


・・・にしても、これくらいメーカー側で気付けよな。
絶対、ちゃんとモニターテストしてないよ、これは。


問題も自己解決したので、暫くプライベートで使用していきます。
Tr-5B-0017.jpg


【結論】
 iPhone5を収納して持ち運ぶケースとしては大満足です。
 でも、
 カードポケットの使用をメインで考えている人は、注意が必要です!
 なぜなら、iPhone5が収納された状態では、カードを出すのが困難すぎるからです!




Water Clock
検索フォーム
月別アーカイブ
つぶやき
Copyright © ブログの時間3 All right reserved. | Powered by FC2ブログ | | Template Design by SDL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。